お酒造りに没頭する酒職人の女性の仕事観

私の仕事は「酒を造る」こと。
酒とは日本酒のことです。
とにかく酒造りに憧れてこの世界に入り、今日まで、無我夢中でただただ「酒」を造り続けています。

この仕事の好きなところは、良くも悪くも結果がはっきり出るということです。
大手ブランドの様な名前だけで売れるようなメーカーでは無い為、時代に合わせた味、言い換えれば「飲みやすい酒」を造ることが常に求められるのです。
しかし、僻みっぽく聞こえますが大手には大手の凄さ、それは「いつでも」均一な味を造れることを分かっている上の発言です。
当たり前ですが、いつ飲んでも味がブレない、その為の製造管理設備がある・・それは凄い事なのです。

私達の様な小さな製造元が大手を相手に戦う酒を造る場合、ひとつの目標とするのは毎春に行われる「全国新酒鑑評会」で賞を貰う事です。
所謂「大吟醸」を全国の各蔵元が持ち寄り競う訳です。
鑑評会だけに目標を合わせた酒造り、そこには設備や蔵のブランドも関係無い、全国の皆が同じ土俵で戦う事が出来る戦場です。
それは私達「蔵人」にとって最もやりがいを感じる瞬間です。
寝る間を惜しんで麹の世話、醪の管理。この瞬間は「仕事」であることを忘れてしまいます。とにかく美味い酒が造りたい。
そして、できた「大吟醸酒」。これが過去の出来を更新出来たと自負できた時、この仕事においての「やりがい」を感じます。
お客様が美味いと思い、売れる酒と私達蔵人が美味いと思う酒は違います。
私達にとっては、言い方は悪いですが、マイナスの味(例えば劣化している時に出る味)が美味しいと評価されること。
違法では無いが、香り、うま味を良くする添加物を加えている(ラベルに記載する必要なし)など、私たちが一口飲めばわかる反則(法に抵触しなければ良い)の様なものが堂々と市場には溢れています。
嗜好品です。ウマければ正義である現実。売れれば正しいとされる世界。
勿論、商売ですから売れなければ成り立たないことは理解しています。

このような現状から我々蔵人が造りたい、本来の酒、本物の酒、そんなものはただの自己満足に過ぎないと言われ、「そこそこ美味い」量産酒造りへとシフトさせられる現実。
自分の理想とするものが造れないこと、これが一番のストレスです。
自己満足できないものを何故売ることが出来るのか。私には分かりません。
データを確実に実行できる設備があれば、もう「蔵人」はいりません。
そのデータを残したのは私達蔵人です。

いつか、自分で蔵を造ることが目標です。難しい事ですが。
自分で納得のいく酒だけを造れる環境、それが今一番欲しいものであり、私の目標です。

販売者向けの水産品卸業務をしている女性のお仕事

私の仕事は水産中心の冷凍物の卸の営業をやっています。
納品先はスーパーや、加工業者、飲食業、二次問屋などで、消費者むけではありません。

肉体的には配達、運搬業務があるくらいで体への負担は軽いです。
会社としてある程度上位の地位にあるので、自分の数字以外に担当部署の数字や会社全体の数字も管理し対策をうっています。
会社内や仕事上のストレスは全くなくて気持ちよく仕事をしています。
また経営者も数字がよければ何も言わないので、それを逆にプレッシャーととらえながらも自由に営業活動をやっている次第です。

この業界は個人の能力で売り上げや利益に大きな差がでます。
つまり営業マンは個人商店でその集まりが会社といえます。
スーパーのバイヤーにしてもそうですが、各納品先の担当者や責任者の人は、営業マンに付きます。
営業マンの仕事は商品をお勧めする商談ではなく、納品先の担当者と人間関係を作り上げることです。
商品紹介は書類さえあれば誰でもできます。

でも人間関係の構築はそれなりのコミュニケーションの取り方とか、説明するための知識とか情報とかが必要です。
その上に、相手に対する早いレスポンスが要ります。このような人間関係を構築することがやりがいにつながっています。
つまり、あの会社のあの人に聞けば何でも知っているとか、なんでも持っているとかという納品先から見て頼れる人にならないといけないということです。
これができれば別に定期的に商談しなくても、納品先からどんどん依頼が飛んできます。
たちまち一人でできる仕事の量えお超えてゆきます。
そうなると、部下や同僚にに納品先を1社ずつ与え、維持させてゆきます。
このサイクルの繰り返しに今やりがいを感じて頑張っています。
ですから嫌なところといえば、注文が多すぎて、どうやって乗り切ろうなんていううれしい悲鳴が嫌なことと言えば嫌なことです。

またもう一つ嫌なことは、納品先は倒産することです。
人間関係の終焉での思いと、不良債権を発生させた場合の会社への不利益に対する思いです。

今の仕事は会社の看板があってこその自分であると考えています。
転職や独立なんて考えていません。
ですから自分はこの会社で身をうずめ捧げるつもりです。
将来的には、今のやり方で販売先をもっともっと増やし、会社の利益を上げ、地域ナンバーワンの待遇の会社にしたいと思っています。
その為には今の仕事に満足せず、前を向いて進んでゆくことだと思います。”